お知らせ

テレワーク・デイズ2021に実施団体・応援団体として参加

2021年7月1日、総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府と東京都が実施する「テレワーク・デイズ2021」に実施団体応援団体として参加しました。

株式会社ビズファンは、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を鑑み、当社従業員並びに当社関係者の皆さまの安全確保を最優先に、2020年3月31日(火)より在宅勤務の推奨に伴う円滑な在宅勤務実施のための対応や取組を推進しております。

テレワーク・デイズ2021について

総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府では、東京都および関係団体と連携し、2017年より、2020年東京オリンピックの開会式にあたる7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけ、働き方改革の国民運動を展開しています(東京2020大会の開会式は2021年7月23日(金))。
2019年は、期間を1ヶ月半に拡大して取組を行い、2,887団体、約68万人にご参加いただきました。2020年は新型コロナウイルス感染症の拡大防止と社会経済活動の維持の両立を図るため、期間を限定せず、テレワーク推進に向けた継続的な普及啓発策を実施いたしました。

東京2020大会が行われる本年は、7月19日(月)~9月5日(日)を「テレワーク・デイズ2021と設定し、大会期間中の混雑緩和、テレワークの全国的な推進を目的として、テレワークの一斉実施を呼びかけます。

ビズファンは今後も、社員およびすべてのステークホルダーの皆様の安全確保と事業の安定的な継続のため、柔軟かつ迅速に必要な対応を実施してまいります。
関係者の皆様におかれましては、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。